トヨタ「シエンタ」 防水性能が不十分 25万台余がリコールに

トヨタ自動車は製造する「シエンタ」で防水性能が不十分なためエンジンに雨水が入って動かなくなるおそれがあるとして、25万台余りのリコールを国に届け出ました。

リコールの対象となるのは、トヨタ自動車の「シエンタ」25万9000台余りで製造期間は平成27年5月から先月までです。

国土交通省によりますと、フロントガラスとボンネットの間にある部品について時間がたつと防水性能が低下しエンジンに雨水が入ることがあるということです。

その結果、エンジンに異音が生じて動かなくなるおそれがあり、事故の発生の報告はないものの同様の不具合の情報が27件寄せられているということです。

「シエンタ」は3年前にも同じ部品の不具合でリコールが届け出られ改修などが行われましたが、その後もユーザーから異音などの報告があり別の不具合が分かったということです。

トヨタ自動車は全国の販売店で無料で対策を取ることにしています。