「幽霊銃」 バイデン大統領が犯罪の抑止に向け新たな規制発表

アメリカのバイデン大統領は、個人が部品を購入して組み立てられる「ゴースト・ガン=幽霊銃」と呼ばれる銃について、購入者の本人確認を義務づけるなど犯罪の抑止に向けた新たな規制を発表しました。

アメリカでは近年、個人がインターネットなどで部品を購入し、簡単に組み立てられる銃を使った犯罪が増えています。

こうした銃は固有の製造番号がなく、部品を購入する際に本人確認などの手続きがいらないため「ゴースト・ガン=幽霊銃」と呼ばれ、捜査当局による追跡が難しいのが課題となっています。

バイデン大統領は11日「ゴースト・ガンは多くの犯罪者に凶器として選ばれてきた。この選択肢を奪うためにできることは何でもやる」と述べ、「ゴースト・ガン」の新たな規制を発表しました。

具体的には製造業者に対し、部品を販売する際には製造番号をつけることや、販売業者に対し、購入者の本人確認を義務づけるなどとしています。

バイデン政権によりますと、去年1年間に当局が犯罪捜査の過程で押収したゴースト・ガンは2万丁と、5年間で10倍に増えているということです。

アメリカでは銃による犯罪があとを絶たず、規制の強化を求める声がある一方「銃を持つことは憲法で保障された権利だ」として規制に反対する人も多く、今回の発表に対しても野党・共和党を中心とした反発が予想されます。