相次ぐ値上げ 家計に「影響」70% NHK世論調査

食品や光熱費などの相次ぐ値上げによる家計への影響についてNHKの世論調査で尋ねたところ「影響している」と答えた人が70%にのぼりました。

NHKは、今月8日から3日間、全国の18歳以上を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは2271人で、54%にあたる1235人から回答を得ました。

食品や日用品、光熱費の相次ぐ値上げが家計にどの程度影響しているか尋ねたところ、「大きく影響している」が22%、「ある程度影響している」が48%、「あまり影響していない」が20%、「まったく影響していない」が3%でした。
コンビニのスプーンやホテルの歯ブラシなど、使い捨てのプラスチック製品を削減することが、企業などに義務化されました。
ふだん、使い捨てのプラスチック製品を利用しないよう、どの程度意識しているか聞いたところ、「大いに意識している」が22%、「ある程度意識している」が45%、「あまり意識していない」が21%、「まったく意識していない」が6%でした。
大型連休中に、旅行や帰省をする予定があるか尋ねたところ、「予定がある」が7%、「予定はない」が68%、「まだ決めていない」が20%でした。

去年4月の調査と比べると「予定がある」が、4ポイント増えた一方、「予定はない」は10ポイント減りました。