大谷翔平 今シーズン初ヒット 球場で首振り人形をファンに配布

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が、開幕2戦目のアストロズとの試合で今シーズン初ヒットを打ちました。

大谷選手は7日の開幕戦に史上初の開幕投手兼、1番・指名打者で先発して指名打者としてフル出場し、翌日の8日は1番・指名打者で先発出場しました。

1点を先制された後の1回、先頭バッターでの第1打席は、追い込まれてからきわどい変化球に手を出さず、8球目のアウトコース低めに落ちる変化球をとらえてライナーでセンター前に運び、開幕から5打席目で今シーズン初ヒットを打ちました。

大谷選手はこのあと二塁に進んでタイムリーヒットで同点のホームを踏みました。

3回の第2打席はレフトフライ、5回の第3打席はセカンドゴロ、7回の第4打席は強い打球が野手の正面に行ってファーストゴロ、9回の第5打席は大きな当たりでしたがセンターフライで5打数1安打でした。

エンジェルスはリリーフ陣が7回に一挙8点を失って6対13で敗れ、開幕2連敗となりました。

鈴木誠也選手が所属するカブスとブルワーズの試合は、悪天候のため中止となりました。

大谷モチーフの「バブルヘッド」 ファンに配布

この試合では、大谷選手をモチーフにした「バブルヘッド」と呼ばれる首振り人形が訪れたファンに配られました。

大リーグの各球団では中心選手や記録を達成した選手の首振り人形を作って観客に配る慣例があり、エンジェルスは8日、本拠地のエンジェルスタジアムでのアストロズ戦で、大谷選手の首振り人形を2万5000個配りました。

人形は大谷選手が昨シーズン、投打の二刀流で歴史的な活躍を見せたことを記念して製作され、笑顔の大谷選手が右手にバットを持ち左手にグラブをつけて立っているデザインになっています。

台座には、グラブをつけている側に「9勝2敗、防御率3.18」、バットを持っている側に「ホームラン46本、100打点」などと昨シーズンの投打の成績が記されています。

球団によりますと、今シーズンはこのあとも大谷選手関連でさまざまなグッズの配布が予定されていて、今回とは違うデザインの首振り人形や、トートバッグ、それにスノードームなどがあるということです。