NHK ネット通じ番組や情報届ける「社会実証」 4月下旬開始へ

NHKは、インターネットを通じて番組や情報を届ける役割やニーズを検証するため、テレビを持っていない人などを対象に、専用のアプリやサイトを通じてサービスを提供する「社会実証」を、4月下旬から始めることになりました。

この「社会実証」は、放送と通信の融合が進む中、NHKがインターネットを通じて番組や情報を届ける意義や役割、多様化する視聴者ニーズを検証するため、今年度、数回行うことにしています。

その初回について、NHKは、4月22日から5月7日までの間、テレビを持っていない人や日常的に利用していない人など、およそ3000人を対象に実施することを、7日、発表しました。

対象者には、専用のアプリやサイトを通じ、
▼ネットで急速に拡散するニュースのSNSでの広がり状況を分析し、信頼性に関する注意を促すサービスや、
▼最新のニュース映像を24時間いつでも一覧で見ることができる機能、
それに
▼災害報道の内容を地図上に可視化して防災・減災の行動に役立ててもらう機能などを、
提供する予定です。

そのうえで、アンケート調査を行い
「正しく理解が深まり、気付く」
「知識が広がり、つながる」
「簡単に、必要な情報が見つかる」の
3つの観点から検証して、結果を公表する方針です。

NHKの前田会長は、7日の定例記者会見で「皆様に、いつでもどこでも、命と暮らしを守り、正確、公平公正で信頼できる情報や、多角的な視点からの深みのあるコンテンツをお届けし、情報の社会的基盤としての役割をこれまで以上に果たす『新しいNHK』につなげていくことを目指す」と述べました。