漫画家 藤子不二雄Aさん死去 88歳

日本を代表する漫画家で「忍者ハットリくん」や「怪物くん」など数々の人気作品を手がけた、藤子不二雄Aさんが亡くなりました。88歳でした。

藤子不二雄Aさん、本名、安孫子素雄さんは、富山県の出身で、小学校の同級生だった故・藤本弘さんと2人で漫画家としての活動を始め、高校生のときに新聞に4コマ漫画が掲載され、デビューしました。

1954年に2人で上京し、藤本さんと共同の「藤子不二雄」のペンネームで「海の王子」や「オバケのQ太郎」などの人気作を手がけました。
さらに、藤子不二雄Aさんは「忍者ハットリくん」や「怪物くん」、それに「プロゴルファー猿」など、個性豊かなキャラクターで数々のヒット作を生み出しました。

藤本さんとは1987年にコンビを解消し、その後は「藤子不二雄A」として作品の発表を続けました。
夢と笑いにあふれた作品だけでなく「魔太郎がくる!!」や「笑ゥせぇるすまん」など社会の闇を描いた作品でも人気を博しました。

こうした功績で2008年には旭日小綬章を受章しています。

藤子不二雄Aさんは、7日午前8時40分ごろ、川崎市の自宅で亡くなっているのが見つかったということです。

88歳でした。

藤子スタジオ「読者、関係者の皆様に深く感謝」

藤子不二雄Aさんの著作権を管理している株式会社藤子スタジオは「漫画家の藤子不二雄Aが、88歳にて永眠いたしました。これまで応援いただいた読者の皆様、関係者の皆様に深く感謝申し上げます」とのコメントを発表しました。
・藤子不二雄Aさんの「A」は、○の中にAです。