動物病院から大型犬逃げ出す 約14時間後に捕獲 千葉 市川

6日、千葉県市川市の動物病院から大型犬が逃げ出しましたが、およそ14時間後、無事、捕獲されました。けが人はおらず、警察が逃げ出したいきさつを調べています。

6日午後5時20分ごろ、千葉県市川市の動物病院で、予防接種を受けるため飼い主とともに訪れた「アメリカン・ピット・ブル・テリア」と呼ばれる大型犬が逃げ出しました。

通報を受けた警察などが住民に注意を呼びかけるとともに付近を捜索したところ、およそ14時間後の7日午前7時半ごろになって、病院からおよそ800メートル離れた住宅街の一角で見つかり、駆けつけた飼い主が捕獲したということです。

警察によりますと、犬は体長がおよそ1メートル30センチ、体重がおよそ40キロで、捕獲当時はおとなしい様子だったいうことです。

けが人はいませんでした。

犬は予防接種を受ける際に飼い主の男性が首輪を外したところ、逃げ出したということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

捕獲された現場近くの住民「安心した」

大型犬が捕獲された現場の近くに住む40代の会社員の男性は「けさ、10人くらいの警察官が犬を取り囲んでいました。犬はおとなしい様子でした。子どもたちの通学路なので、早く捕獲されて安心しました」と話していました。

小中学校は始業式 保護者へ見守り 急きょ呼びかけ

市川市内の小中学校では7日に始業式が予定されていため、7日朝、保護者に対し、通学路の見守りなどへの協力を、急きょメールで呼びかけたということです。

大型犬は登校時間に入る前に見つかり、すぐに捕獲されたことから、子どもたちの通学や始業式に影響はなかったということです。