ホンダ GMと共同 世界市場投入の新EV開発へ 販売は2027年以降

自動車メーカーのホンダは、アメリカのGM=ゼネラル・モーターズと共同で、世界市場に投入する新しいEV・電気自動車を開発すると発表しました。
先月はソニーグループとEVの共同開発に乗り出すと明らかにしていて、市場での存在感を高めようと連携を加速させています。

発表によりますと、ホンダは、以前から提携しているアメリカのGMとの関係をさらに強化し、世界市場に投入する新しいEVを共同で開発します。

EVの心臓部となるバッテリーはGMが開発したものを搭載し、2027年以降、北米をはじめ世界市場で販売する方針で、生産台数はGMと合わせ数百万台規模を目指すとしています。

さらに、両社の工場で製造できるよう車を設計し、コストを下げることでガソリンエンジン車よりも割高になりがちなEVの価格を抑えるねらいです。

ホンダの三部敏宏社長は「ホンダとGMはグローバルでEVの販売台数を飛躍的に拡大すべく、これまでの技術領域における協業をさらに強固なものにしていく」とコメントしています。

ホンダは先月、EVの分野でソニーグループと手を組むと明らかにしたばかりで、世界でEVの開発・販売が活発になる中、存在感を高めようと連携を加速させています。