萩生田経産相 バイオ研究拠点を視察 重点投資の方針示す

バイオテクノロジーの分野で世界的な開発競争が激しさを増す中、萩生田経済産業大臣は兵庫県にある最新のバイオ研究拠点を視察し、経済成長と脱炭素社会などの実現の両立に向け、この分野に重点的に投資していく方針を示しました。

萩生田経済産業大臣は4日、バイオテクノロジーを活用した企業や大学の製造・研究開発拠点がある兵庫県を訪れました。

このうち高砂市では微生物の遺伝子を人為的に操作し、海で分解されるプラスチックを世界で初めて商用化した企業の生産拠点を視察し、こうしたプラスチックを年間5000トン生産しているタンクなどを見て回りました。

この企業では二酸化炭素を吸収してプラスチックを作り出す微生物の研究開発も進めていて、脱炭素社会の実現に向け二酸化炭素の排出量を大幅に削減できる技術として注目されています。

バイオ技術をめぐってはアメリカや中国が数兆円規模の投資を行うなど、世界で開発競争が激しくなっていて、政府は微生物の遺伝子を改変して素材などをつくる技術に重点的に投資していく方針です。

視察のあと萩生田大臣は「バイオは社会課題の解決と豊かさの両立を可能にする『二兎を追える』イノベーションであり、新しい資本主義の実現に向けた大きな柱だ。国際的な投資競争が激しさを増す中で国として『バイオ立国』という旗をしっかり立てたい」と述べました。