大リーグ エンジェルス 大谷翔平 オープン戦3号ホームラン

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が本拠地で、ことし初めての試合でドジャースの開幕投手からオープン戦3号となるソロホームランを打ちました。

エンジェルスは3週間にわたったアリゾナ州でのキャンプを前日で終え、3日は、カリフォルニア州アナハイムのエンジェルスタジアムでドジャースとオープン戦を行いました。

エンジェルスタジアムでは、ことし唯一のオープン戦で、同じロサンゼルスを本拠地とする人気チームとの対戦とあって球場には4万4401人の観客が集まり、大谷選手は1番・指名打者で先発出場しました。

ドジャースの先発ピッチャーは昨シーズン16勝をあげ、ことしの開幕投手が決まっているビューラー投手で、大谷選手は1回の第1打席は154キロのストレートに空振り三振、2回の第2打席はファーストゴロでした。

1アウトランナーなしで迎えた5回の第3打席は、ビューラー投手の144キロのチェンジアップを振り抜いて、ライトスタンドへ運ぶソロホームランを打ちました。
大谷選手はオープン戦3試合ぶりの3号ホームランで、この日は、3打数1安打1打点でした。
ここまでバッターとしてはオープン戦10試合に出場して打率3割4厘、ホームラン3本、7打点と、7日の開幕に向け順調に調整を進めています。

また、この日の試合前にはブルペンで投球練習を行い、キャッチャーを座らせて軽めに27球を投げて、自身初となる開幕投手に向けて調整しました。