フィリピンで邦人男性死亡 めいの交際相手逮捕 殺人などの疑い

フィリピンの首都マニラの住宅で、この家に住む72歳の日本人男性が同居するフィリピン人のめいとともに体を複数回刺されて死亡しているのが見つかり、警察は、めいの交際相手を殺人などの疑いで逮捕しました。

フィリピンの警察によりますと先月28日、首都マニラの住宅の2階で、この家に住む日本人のモリ・ヤスノリさん(72)と同居するフィリピン人のめい(39)が死亡しているのが見つかりました。

2人の遺体には、刃物で複数回刺されたあとがあったということです。

警察が付近の防犯カメラを調べたところ、めいの交際相手のクリスチャン・バルバル容疑者(32)が遺体が発見される前にモリさんの家から薄型テレビを持ち出す様子が映っていたということで、警察は3日までにバルバル容疑者を殺人と窃盗の疑いで逮捕しました。

警察の調べに対して、バルバル容疑者は「誤って殺してしまった」などと話し、容疑を認めているということです。

警察によりますと、モリさんは妻を亡くしたあと、めいと2人で暮らしていたということで、事件の詳しい状況を調べています。