サッカー日本代表 ワールドカップの戦い【1998-2018】

ことし11月に開幕するサッカーワールドカップカタール大会で、7大会連続7回目の出場となる日本代表。
これまでの最高成績は2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会、そして前回2018年ロシア大会でのベスト16で、カタール大会では初めてのベスト8以上をねらいます。
過去6大会の日本代表メンバーや結果などをまとめました。

【1998年 フランス大会】

<日本代表>
▽監督:岡田武史
▽選手
1 小島伸幸(平塚)
2 名良橋晃(鹿島)
3 相馬直樹(鹿島)
4 井原正巳(横浜M)
5 小村徳男(横浜M)
6 山口素弘(横浜F)
7 伊東輝悦(清水)
8 中田英寿(平塚)
9 中山雅史(磐田)
10 名波浩(磐田)
11 小野伸二(浦和)
12 呂比須ワグナー(平塚)
13 服部年宏(磐田)
14 岡野雅行(浦和)
15 森島寛晃(C大阪)
16 齊藤俊秀(清水)
17 秋田豊(鹿島)
18 城彰二(横浜M)
19 中西永輔(市原)
20 川口能活(横浜M)
21 楢崎正剛(横浜F)
22 平野孝(名古屋)
<日本代表の結果>
・1次リーグ
第1戦(会場:トゥールーズ)
 日本0-1アルゼンチン
(失点:28分 ガブリエル・バティストゥータ)
第2戦(会場:ナント)
 日本0-1クロアチア
(失点:77分 ダボール・シューケル)
第3戦(会場:リヨン)
 日本1-2ジャマイカ
(得点:74分 中山雅史)
(失点:39分54分 セオドア・ウィットモア)
▽優勝:フランス
▽準優勝:ブラジル
▽3位:クロアチア
▽4位:オランダ

【2002年 日韓大会】

<日本代表>
▽監督:フィリップ・トルシエ
▽選手
1 川口能活(ポーツマス)
2 秋田豊(鹿島)
3 松田直樹(横浜FM)
4 森岡隆三(清水)
5 稲本潤一(アーセナル)
6 服部年宏(磐田)
7 中田英寿(パルマ)
8 森島寛晃(C大阪)
9 西澤明訓(C大阪)
10 中山雅史(磐田)
11 鈴木隆行(鹿島)
12 楢崎正剛(名古屋)
13 柳沢敦(鹿島)
14 三都主アレサンドロ(清水)
15 福西崇史(磐田)
16 中田浩二(鹿島)
17 宮本恒靖(G大阪)
18 小野伸二(フェイエノールト)
19 小笠原満男(鹿島)
20 明神智和(柏)
21 戸田和幸(清水)
22 市川大祐(清水)
23 曽ヶ端準(鹿島)
<日本代表の結果>
・1次リーグ
第1戦(会場:埼玉)
 日本2-2ベルギー
(得点:59分 鈴木隆行、67分稲本潤一)
(失点:57分 マルク・ウィルモッツ、75分 ペーター・ファンデルヘイデン)
第2戦(会場:横浜)
 日本1-0ロシア
(得点:51分 稲本潤一)
第3戦(会場:大阪)
 日本2-0チュニジア
(得点:48分 森島寛晃、75分 中田英寿)
・決勝トーナメント1回戦(会場:宮城)
 日本0-1トルコ
(失点:12分 ウミット・ダバラ)
▽優勝:ブラジル
▽準優勝:ドイツ
▽3位:トルコ
▽4位:韓国

【2006年 ドイツ大会】

<日本代表>
▽監督:ジーコ
▽選手
1 楢崎正剛(名古屋)
2 茂庭照幸(F東京)
3 駒野友一(広島)
4 遠藤保仁(G大阪)
5 宮本恒靖(G大阪)
6 中田浩二(バーゼル)
7 中田英寿(ボルトン・ワンダラーズ)
8 小笠原満男(鹿島)
9 高原直泰(ハンブルガーSV)
10 中村俊輔(セルティック)
11 巻誠一郎(千葉)
12 土肥洋一(F東京)
13 柳沢敦(鹿島)
14 三都主アレサンドロ(浦和)
15 福西崇史(磐田)
16 大黒将志(グルノーブル)
17 稲本潤一(ウエスト・ブロミッチ・アルビオン)
18 小野伸二(浦和)
19 坪井慶介(浦和)
20 玉田圭司(名古屋)
21 加地亮(G大阪)
22 中澤佑二(横浜FM)
23 川口能活(磐田)
<日本代表の結果>
・1次リーグ
第1戦(会場:カイザースラウテルン)
 日本1-3オーストラリア
(得点:26分 中村俊輔)
(失点:84分 89分 ティム・ケーヒル、92分 ジョン・アロイージ)
第2戦(会場:ニュルンベルク)
 日本0-0クロアチア
第3戦(会場:ドルトムント)
 日本1-4ブラジル
(得点:34分 玉田圭司)
(失点:46分+ 81分 ロナウド、53分 ジュニーニョ・ペルナンブカーノ、59分 ジウベルト)
▽優勝:イタリア
▽準優勝:フランス
▽3位:ドイツ
▽4位:ポルトガル

【2010年 南アフリカ大会】

<日本代表>
▽監督:岡田武史
▽選手
1 楢崎正剛(名古屋)
2 阿部勇樹(浦和)
3 駒野友一(磐田)
4 田中マルクス闘莉王(名古屋)
5 長友佑都(F東京)
6 内田篤人(鹿島)
7 遠藤保仁(G大阪)
8 松井大輔(グルノーブル)
9 岡崎慎司(清水)
10 中村俊輔(横浜FM)
11 玉田圭司(名古屋)
12 矢野貴章(新潟)
13 岩政大樹(鹿島)
14 中村憲剛(川崎F)
15 今野泰幸(F東京)
16 大久保嘉人(神戸)
17 長谷部誠(VfLヴォルフスブルク)
18 本田圭佑(CSKAモスクワ)
19 森本貴幸(カターニャ)
20 稲本潤一(川崎F)
21 川島永嗣(川崎F)
22 中澤佑二(横浜FM)
23 川口能活(磐田)
<日本代表の結果>
・1次リーグ
第1戦(会場:ブルームフォンテーン)
 日本1-0カメルーン
(得点:39分 本田圭佑)
第2戦(会場:ダーバン)
 日本0-1オランダ
(失点:53分 ウェズリー・スナイデル)
第3戦(会場:ルステンブルク)
 日本3-1デンマーク
(得点:17分 本田圭佑、30分 遠藤保仁、87分 岡崎慎司)
(失点:81分 ヨンダール・トマソン)
・決勝トーナメント1回戦(会場:プレトリア)
 日本0-0(PK3-5)パラグアイ
▽優勝:スペイン
▽準優勝:オランダ
▽3位:ドイツ
▽4位:ウルグアイ

【2014年 ブラジル大会】

<日本代表>
▽監督:アルベルト・ザッケローニ
▽選手
1 川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
2 内田篤人(FCシャルケ04)
3 酒井高徳(VfBシュツットガルト)
4 本田圭佑(ACミラン)
5 長友佑都(インテル・ミラノ)
6 森重真人(F東京)
7 遠藤保仁(G大阪)
8 清武弘嗣(1.FCニュルンベルク)
9 岡崎慎司(1.FSVマインツ05)
10 香川真司(マンチェスター・ユナイテッド)
11 柿谷曜一朗(C大阪)
12 西川周作(浦和)
13 大久保嘉人(川崎F)
14 青山敏弘(広島)
15 今野泰幸(G大阪)
16 山口蛍(C大阪)
17 長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)
18 大迫勇也(1.FCケルン)
19 伊野波雅彦(磐田)
20 齋藤学(横浜FM)
21 酒井宏樹(ハノーファー96)
22 吉田麻也(サウサンプトン)
23 権田修一(F東京)
<日本代表の結果>
・1次リーグ
第1戦(会場:レシフェ)
 日本1-2コートジボワール
(得点:16分 本田圭佑)
(失点:64分 ウィルフィード・ボニー、66分 ジェルビーニョ)
第2戦(会場:ナタル)
 日本0-0ギリシャ
第3戦(会場:クイアバ)
 日本1-4コロンビア
(得点:45+1 岡崎慎司)
(失点:17分 フアン・クアドラド、55分 82分 ジャクソン・マルティネス、90分 ハメス・ロドリゲス)
▽優勝:ドイツ
▽準優勝:アルゼンチン
▽3位:オランダ
▽4位:ブラジル

【2018年 ロシア大会】

<日本代表>
▽監督:西野 朗
▽選手
1 川島永嗣(FCメス)
2 植田直通(鹿島)
3 昌子源(鹿島)
4 本田圭佑(CFパチューカ)
5 長友佑都(ガラタサライSK)
6 遠藤航(浦和)
7 柴崎岳(ヘタフェCF)
8 原口元気(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
9 岡崎慎司(レスター・シティー)
10 香川真司(ボルシア・ドルトムント)
11 宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
12 東口順昭(G大阪)
13 武藤嘉紀(1.FSVマインツ05)
14 乾貴士(レアル・ベティス)
15 大迫勇也(ベルダー・ブレーメン)
16 山口蛍(C大阪)
17 長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)
18 大島僚太(川崎)
19 酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)
20 槙野智章(浦和)
21 酒井高徳(ハンブルガーSV)
22 吉田麻也(サウサンプトン)
23 中村航輔(柏)
<日本代表の結果>
・1次リーグ
第1戦(会場:サランスク)
 日本2-1コロンビア
(得点:6分 香川真司、75分 大迫勇也)
(失点:39分 フアン・キンテロ)
第2戦(会場:エカテリンブルク)
 日本2-2セネガル
(得点:34分 乾貴士、78分 本田圭佑)
(失点:11分 サディオ・マネ、71分 ムッサ・ヴァゲ)
第3戦(会場:ボルゴグラード)
 日本0-1ポーランド
(失点:59分 ヤン・ベドナレク)
・決勝トーナメント1回戦(会場:ロストフ・ナ・ドヌー)
 日本2-3ベルギー
(得点:48分 原口元気、52分 乾貴士)
(失点:69分 ヤン・フェルトゲン、74分 マルアン・フェライニ、90+4分 ナセル・シャドリ)
▽優勝:フランス
▽準優勝:クロアチア
▽3位:ベルギー
▽4位:イングランド