セブン‐イレブン 豆大福に金属片混入のおそれ 自主回収へ

コンビニ大手のセブン‐イレブン・ジャパンは、関東地方などで販売していた豆大福に金属片が混入したおそれがあるとして、2万7000個余りを自主回収すると発表しました。

回収するのは、神奈川県を除く関東の1都5県と新潟県の店舗で販売していた「北海道十勝産小豆使用 豆大福」の一部です。

会社によりますと、3月31日夕方、商品を購入した客から「金属片が入っていた」という連絡があり、調べたところ、埼玉県内にある工場で設備の一部が破損していることが分かったということです。

このため、連絡があった商品と同じ時期に製造された2万7000個余りを自主回収することを決めました。

対象となるのは、3月29日から4月1日まで販売していて、消費期限が新潟県の店舗では4月2日と3日、それ以外の店舗では4月2日から4日にかけての商品だということです。

セブン‐イレブン・ジャパンでは「多大なご迷惑をおかけし、おわび申し上げます。今後はより一層、品質管理を強化・徹底し、再発防止に努めます」とコメントしています。

問い合わせ先の電話番号は、フリーダイヤルで0120-258-644で、受付時間は土日祝日を含む午前9時から午後5時までです。