サッカーW杯 組み合わせ決定 日本はドイツ スペインなどと対戦

ことし11月に開幕するサッカー、ワールドカップカタール大会の組み合わせ抽せんが行われ、日本は1次リーグのグループEに入り、ドイツやスペインなどと対戦することが決まりました。

日本 初戦の相手はドイツ

組み合わせ抽せんは1日、カタールの首都・ドーハで行われ、日本代表の森保一監督のほか、各チームの監督などが抽せんの様子を見守りました。

抽せんは元ブラジル代表のカフーさんなどによって行われ、出場32チームの1次リーグの対戦チームが決まりました。

その結果、世界ランキング23位の日本はグループEに入り、7位のスペイン、12位のドイツ、そしてコスタリカとニュージーランドによる大陸間プレーオフの勝者と対戦することが決まりました。

日本は第1戦で11月23日にドイツと対戦します。
第2戦は11月27日にコスタリカかニュージーランドと対戦します。
そして、第3戦は12月1日(日本時間2日)にスペインと対戦することになりました。
1次リーグでスペインやドイツなどの強豪と戦うことになったことについて日本代表の森保一監督は「ワールドカップに出てくるチームは強豪だと思っていたし、どこと当たるんだろうとわくわくしながら抽せんに臨んだ。優勝経験のあるチームと一緒の組になったが、われわれが世界に挑む、戦うという意味ではいい」と受け止めました。

また、ドイツとスペインについては「これから分析を進めて、相手を上に見るのではなく、自分たちのストロングポイントを出して戦えるように準備したい」と話しました。

さらに選手として臨んだ1993年のワールドカップアジア予選であと一歩のところで初の本大会出場を逃したいわゆる「ドーハの悲劇」を経験したことについて「今回は監督としてワールドカップに臨んでドーハの歓喜に変えたい」と話しました。

そして「ベスト8にいくという目標を確認しながら、1戦1戦、相手のことを分析して自分たちのもっているものをぶつけ、最善の準備をして全力を傾けたい」と意気込んでいました。

1次リーグは32チームが4チームずつAからHまでの8つのグループに分かれて争われ、各グループの上位2チームが決勝トーナメントへ進みます。

11月21日の開幕戦は、ドーハのアルバイトスタジアムで行われ、グループAの開催国、カタールとエクアドルが対戦することになりました。

前回大会優勝のフランスは、グループDに入り、デンマークなどと同じ組に入りました。

日本の相手 ドイツとは

ドイツは18大会連続20回目のワールドカップ出場です。世界ランキングは12位です。
西ドイツ時代も含めてワールドカップで過去4回、優勝していて、前回のロシア大会では2014年のブラジル大会に続く連覇を目指しましたが、1次リーグで敗退しました。
ヨーロッパ予選では去年10月の時点で突破を決め、開催国を除いて、一番乗りで本大会の出場権を獲得していました。
ゴールキーパーのノイアー選手や2010年南アフリカ大会で得点王に輝いたベテランのミュラー選手など、ドイツ1部リーグの強豪、バイエルンミュンヘンに所属している選手が多くいます。

日本の相手 スペインとは

スペインは、世界ランキング7位。ワールドカップは12大会連続16回目の出場で、2010年の南アフリカ大会で初優勝を果たしています。
代表には、スペイン1部リーグの強豪・バルセロナでプレーする19歳のペドリ選手など足元の技術の高い選手がそろっています。
日本は、これまで国際大会で1回対戦して敗れていて、去年行われた東京オリンピックの準決勝では24歳以下の代表も敗れています。

抽せん会に出席していたスペインのルイス・エンリケ監督は、日本の印象について「長い間、同じ監督だということは知っている。今は、すべてを分析する時だ」と話すにとどまりました。
一方で同じ組のドイツについては「すばらしいライバルだ」と述べたうえで「ワールドカップなので、楽しむ必要がある」と笑顔で話しました。

【抽せん結果】

【グループA】
カタール
エクアドル
セネガル
オランダ

【グループB】
イングランド
イラン
アメリカ
ヨーロッパ予選プレーオフ※3

【グループC】
アルゼンチン
サウジアラビア
メキシコ
ポーランド

【グループD】
フランス
大陸間プレーオフ※1
デンマーク
チュニジア

【グループE】
スペイン
大陸間プレーオフ※2
ドイツ
日本

【グループF】
ベルギー
カナダ
モロッコ
クロアチア

【グループG】
ブラジル
セルビア
スイス
カメルーン

【グループH】
ポルトガル
ガーナ
ウルグアイ
韓国

※1(オーストラリア対UAEの勝者とペルーが対戦。その勝者)
※2(ニュージーランド対コスタリカの勝者)
※3(スコットランド対ウクライナの勝者とウェールズが対戦。その勝者)

FIFA インファンティーノ会長“連帯と平和のイベント”

組み合わせ抽選会は日本時間午前1時すぎから始まりました。
ドーハの会場では、日本代表の森保一監督をはじめ出場チームの監督などが見守る中、プレゼンターが登場。歌とダンスのパフォーマンスが行われました。
そしてFIFA=国際サッカー連盟のインファンティーノ会長がステージにあがり「やっとここに集うことができ、真剣な勝負のワールドカップが始まる」とあいさつしました。そして「世界各地で苦難に直面しているのも事実だ。世界は分断されている。だからこそ、人々が一体になる機会が必要だ」と述べたうえで「われわれが愛するワールドカップという祭典に平和に参加する必要がある。サッカー界にいるわれわれは、このメッセージを伝えたい。紛争、戦争をやめて、対話をしよう。そして、対話を通じて平和をもたらしてほしい。連帯と平和のイベントであるべきだ」と訴えました。

このあと前回2018年のロシア大会で優勝したフランスを率いたデ・シャン監督がワールドカップの優勝トロフィーを持ってあらわれました。
会場では抽せんを行う“ドロワー”の紹介が行われました。
元ブラジル代表のカフーさん、かつての西ドイツ代表のローター・マテウスさん、元オーストラリア代表のティム・ケーヒルさんなどが紹介されました。

そして抽せん方法の説明が行われたあと、抽せんが行われました。

【W杯カタール大会試合日程】(※時間は日本時間)

<1次リーグ>
11月21日(月)
19:00 グループA セネガル×オランダ
22:00 グループB イングランド×イラン

11月22日(火)
01:00 グループA カタール×エクアドル
04:00 グループB アメリカ×ヨーロッパ予選プレーオフ
19:00 グループC アルゼンチン×サウジアラビア
22:00 グループD デンマーク×チュニジア


11月23日(水)
01:00 グループC メキシコ×ポーランド
04:00 グループD フランス×大陸間プレーオフ※1
19:00 グループF モロッコ×クロアチア
22:00 グループE ドイツ×日本

11月24日(木)
01:00 グループE スペイン×大陸間プレーオフ※2
04:00 グループF ベルギー×カナダ
19:00 グループG スイス×カメルーン
22:00 グループH ウルグアイ×韓国

11月25日(金)
01:00 グループH ポルトガル×ガーナ
04:00 グループG ブラジル×セルビア
19:00 グループB ヨーロッパ予選プレーオフ×イラン
22:00 グループA カタール×セネガル

11月26日(土)
01:00 グループA オランダ×エクアドル
04:00 グループB イングランド×アメリカ
19:00 グループD チュニジア×大陸間プレーオフ※1
22:00 グループC ポーランド×サウジアラビア


11月27日(日)
01:00 グループD フランス×デンマーク
04:00 グループC アルゼンチン×メキシコ
19:00 グループE 日本×大陸間プレーオフ※2
22:00 グループF ベルギー×モロッコ

11月28日(月)
01:00 グループF クロアチア×カナダ
04:00 グループE スペイン×ドイツ
19:00 グループG カメルーン×セルビア
22:00 グループH 韓国×ガーナ

11月29日(火)
01:00 グループG ブラジル×スイス
04:00 グループH ポルトガル×ウルグアイ

11月30日(水)
00:00 グループA オランダ×カタール
00:00 グループA エクアドル×セネガル
04:00 グループB イラン×アメリカ
04:00 グループB ヨーロッパ予選プレーオフ×イングランド

12月1日(木)
00:00 グループD チュニジア×フランス
00:00 グループD 大陸間プレーオフ※1×デンマーク
04:00 グループC ポーランド×アルゼンチン
04:00 グループC サウジアラビア×メキシコ

12月2日(金)
00:00 グループF クロアチア×ベルギー
00:00 グループF カナダ×モロッコ
04:00 グループE 日本×スペイン
04:00 グループE 大陸間プレーオフ※2×ドイツ

12月3日(土)
00:00 グループH 韓国×ポルトガル
00:00 グループH ガーナ×ウルグアイ
04:00 グループG カメルーン×ブラジル
04:00 グループG セルビア×スイス

<決勝トーナメント1回戦>
12月4日(日)
00:00 グループA1位×グループB2位
04:00 グループC1位×グループD2位

12月5日(月)
00:00 グループD1位×グループC2位
04:00 グループB1位×グループA2位

12月6日(火)
00:00 グループE1位×グループF2位
04:00 グループG1位×グループH2位

12月7日(火)
00:00 グループF1位×グループE2位
04:00 グループH1位×グループG2位

<準々決勝>
12月10日(土)
00:00(E組1位対F組2位の勝者)×(G組1位対H組2位の勝者)※1
04:00(A組1位対B組2位の勝者)×(C組1位対D組2位の勝者)※2

12月11日(日)
00:00(F組1位対E組2位の勝者)×(H組1位対G組2位の勝者)※3
04:00(B組1位対A組2位の勝者)×(D組1位対C組2位の勝者)※4

<準決勝>
12月14日(水)
04:00※1の試合の勝者 対 ※2の試合の勝者

12月15日(木)
04:00※3の試合の勝者 対 ※4の試合の勝者

<3位決定戦>
12月18日(日)
00:00

<決勝>
12月19日(月)
00:00

※1(オーストラリア対UAEの勝者とペルーが対戦。その勝者)
※2(ニュージーランド対コスタリカの勝者)
※3(スコットランド対ウクライナの勝者とウェールズが対戦。その勝者)

【抽せんの方法】

組み合わせ抽せんでは、出場32チームが、1次リーグのAからHの8つのグループに振り分けられます。
(32チームのうち3チームは、6月に予定されている大陸間プレーオフなどの結果により決定)

32チームは3月31日に発表された世界ランキングの上位から、8チームずつあらかじめ4つのポットに分けられています。
(開催国のカタールは、ポット1。大陸間プレーオフの勝者2チームと、ヨーロッパ予選プレーオフの勝者は第4ポット)

抽せんは、第1ポットから順に行われます。
チーム名が書かれたボールを選んだあと、AからHまでの8つのグループポットから、1から4までの数字が書かれたボールを選ぶことで、各グループの組み合わせが決まります。
(同じ大陸代表のチームは同じグループとはならないが、13チーム出場のヨーロッパは同じグループに最大2チームが入る)
以下、ポット分け。( )内は世界ランキング

▼第1ポット
カタール:開催国 初出場(51位)
ブラジル:22大会連続22回目(1位)
ベルギー:3大会連続14回目(2位)
フランス:7大会連続16回目(3位)
アルゼンチン:13大会連続18回目(4位)
イングランド:7大会連続16回目(5位)
スペイン:12大会連続15回目(7位)
ポルトガル:6大会連続8回目(8位)

▼第2ポット
メキシコ:8大会連続17回目(9位)
オランダ:2大会ぶり11回目(10位)
デンマーク:2大会連続6回目(11位)
ドイツ:18大会連続20回目(12位)
ウルグアイ:4大会連続14回目(13位)
スイス:5大会連続12回目(14位)
アメリカ:2大会ぶり11回目(15位)
クロアチア:3大会連続6回目(16位)

▼第3ポット
セネガル:2大会連続3回目(20位)
イラン:3大会連続6回目(21位)
日本:7大会連続7回目(23位)
モロッコ:2大会連続6回目(24位)
セルビア:2大会連続13回目(25位)
ポーランド:2大会連続9回目(26位)
韓国:10大会連続11回目(29位)
チュニジア:2大会連続6回目(35位)

▼第4ポット
カメルーン:2大会ぶり8回目(37位)
カナダ:9大会ぶり2回目(38位)
エクアドル:2大会ぶり4回目(46位)
サウジアラビア:2大会連続6回目(49位)
ガーナ:2大会ぶり4回目(60位)
大陸間プレーオフ※1
大陸間プレーオフ※2
ヨーロッパ予選プレーオフ※3
※1(オーストラリア対UAEの勝者とペルーが対戦。その勝者)
※2(ニュージーランド対コスタリカの勝者)
※3(スコットランド対ウクライナの勝者とウェールズが対戦。その勝者)