プロボクシングのJBC 解散を発表 新型コロナ影響で財政難

国内のプロボクシングを統括するJBC=日本ボクシングコミッションは財政難のために解散することを発表しました。JBCは試合運営については継続できるとしています。

JBCは国内のプロボクシングを統括する一般財団法人で、ボクサーのライセンス料や、試合承認料が主な収入源となっています。

JBCによりますと、新型コロナウイルスの影響で試合を組めないことが続いたことなどから収入が急激に減り、資産から負債を差し引いた純資産額が去年まで2年続けて2500万円ほどの赤字となりました。

一般財団法人は2年連続で純資産額が300万円未満の場合は解散しなければならないと法律で定められていて、JBCは31日都内で記者会見を開き、法人を解散したことを発表しました。

JBCの永田有平理事長は、予定されている試合の運営について「JBCの認定する公式試合として、滞りなく運営していく。プロボクシング興行の確保のため、最大限の努力を傾けていきたい」と試合運営は継続できるとの考えを示しました。

JBCは、再建計画を作成したうえで財団法人の継続を目指すことにしていて、永田理事長は「再建のためには、コスト削減に加えて、増収策の検討も必須だと考えている。支援先を確保するためにも、なんとか再建策を構築しなければならない」と述べました。

解散によって現在の理事は全員役職を失うということで、永田理事長はプロボクシングの関係団体と協議したうえで「全く新しいメンバーを考えている」と述べました。

JBCをめぐっては元世界チャンピオンの亀田興毅さんなど3兄弟との裁判で、JBC側が1億円余りの賠償を命じられていますが、「相手側に再建計画を説明して責任を持って必ずお支払いすると話をしたい」と話していました。