電動バイク普及へ ガソリンスタンドで電池交換OKに

国内のバイクメーカー4社と石油元売り大手が提携し、ガソリンスタンドなどに、電動バイクの電池を交換できる拠点を整備することになりました。電池切れを心配せず、運転できる環境を整えることで、電動バイクの普及を加速させるねらいです。

発表によりますと、バイクメーカーのホンダ、ヤマハ発動機、スズキ、カワサキモータースの4社と、ENEOSホールディングスは、電動バイクに使う交換式の電池のシェアリングサービスやインフラ整備を担う新会社を4月に設立します。

バイクメーカー4社は去年、電動バイクの電池の規格を統一し、交換式とすることで合意していて、新会社は、ガソリンスタンドを中心に電池の交換拠点を整備していくことにしています。

ことしの秋から、東京などで事業を始める方針で、2022年度中に電動バイク200台分の電池をまかなえる拠点を整備したいとしています。

電池切れを心配せずに運転できる環境を整えることで、電動バイクの普及を加速させるねらいで、将来的には、住宅の蓄電池などのシェアリングサービスも検討することにしています。

オンラインの説明会で、新会社の社長に就任する渡辺一成さんは「バッテリーシェアリングのインフラ構築を通じて、利便性が高く、クリーンで安心な未来作りに貢献してきたい」と述べました。