外務省に車侵入し玄関の柱に衝突 建造物侵入容疑で運転手逮捕

30日夜、東京 霞が関でワンボックスカーがタクシーと接触したあと、そのまま外務省の敷地内に侵入し、庁舎の正面玄関の柱に衝突しました。運転手は大声を上げていたということで、警視庁は建造物侵入などの疑いで逮捕し、詳しいいきさつを調べています。

警視庁などによりますと、30日午後6時半ごろ、東京 霞が関にある外務省前の路上で、右折した黒いワンボックスカーがタクシーと接触したあと、そのまま外務省の敷地内に侵入しました。

そして、庁舎の正面玄関の柱に衝突して止まったということです。

けが人はいませんでした。

ワンボックスカーには45歳の運転手が乗っていて、建造物侵入などの疑いで逮捕されました。

警備員に取り押さえられた際「刃物は持っていない」などと、大声を上げていたということです。

これを受けて、外務省は正面玄関を閉鎖したことを館内放送で呼びかけたほか、現場には外務省の職員などが集まり、一時、騒然となりました。

運転手は調べに対し「外務省に侵入して柱を壊したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。