NHK新年度予算 国会で承認

NHKの新年度、令和4年度の予算が30日の参議院本会議で、自民党、立憲民主党、公明党、国民民主党、社民党などの賛成多数で承認されました。これによって、NHK予算は国会で承認されたことになります。

NHKの令和4年度予算は、事業収入、事業支出ともに6890億円で、新型コロナの感染拡大の影響などで、前の年度より受信料収入が13億円少なくなる一方、効率的な営業への転換による営業経費の見直しなど構造改革を進め、収支均衡の予算となっています。

予算には、
▽「新しいNHKらしさ」の実現に向けた新たな番組の開発や、
▽「命と暮らしを守る」報道や、地域情報の発信の強化、
それに、
▽インターネットに接続されたテレビでも「NHKプラス」を視聴できるようにするサービスの拡充などに、必要な経費が盛り込まれています。

このNHK予算は、30日の参議院本会議で採決が行われ、自民党、立憲民主党、公明党、国民民主党、社民党などの賛成多数で承認されました。

一方、日本維新の会、共産党、れいわ新選組、NHK受信料を支払わない国民を守る党などは反対しました。

NHK予算は、衆議院では今月25日に承認されており、これによって国会で承認されたことになります。