ウィル・スミスさん“妻の容姿”発言のプレゼンターに平手打ち

アメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞は日本時間の28日、各賞が発表されました。この授賞式で俳優のウィル・スミスさんがステージ上でコメディアンのクリス・ロックさんを平手打ちする騒ぎがありました。

賞のプレゼンターを務めていたロックさんがスミスさんの妻の容姿にふれる発言をすると、スミスさんは突然ステージに上がり、ロックさんに強烈な平手打ちをしました。

アメリカのメディアによりますと、スミスさんの妻は脱毛症と闘っていることを公表していたということです。

この後、主演男優賞を受賞しステージにたったスミスさんは受賞スピーチの中で「アカデミーに謝りたい。賞の候補者全員に謝りたい」と涙ながらに謝罪のことばを述べました。

主催者「調査しさらなる措置を検討する」

アカデミー賞の主催者は28日、「スミス氏の行動を非難する。調査を始めたところであり、さらなる措置を検討することになるだろう」とする声明を発表しました。

一方、スミスさんは、自身のSNSでロックさんに謝罪するメッセージを投稿しました。

これについてアメリカでは、地元紙のロサンゼルス・タイムズが「ハリウッドの大混乱」という見出しで伝えているほか、スミスさんが受賞した主演男優賞が剥奪される可能性について言及する記事も出るなど注目されています。