ゴマフアザラシの赤ちゃん 愛くるしい姿 秋田 男鹿

秋田県男鹿市の水族館でゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれ、愛くるしい姿を見せています。

男鹿市にある男鹿水族館GAOでは、今月19日、ゴマフアザラシのオスの「ゴクウ」とメスの「みずき」の間に子どもが生まれました。

性別はメスで白い産毛に覆われていて、体長およそ80センチ、体重およそ16キロです。

体重は生まれたときより6キロほど増えて、順調に成長しているということです。

赤ちゃんは展示スペースで公開されていて、ひなたぼっこをしてのんびり寝ていたり、元気におっぱいを飲んだりしていました。

水族館に訪れた女性は「目がぱっちりしていてかわいいです。健やかに成長して水族館のアイドルになってほしいです」と話していました。
飼育を担当している佐藤冬果さんは「今の白い毛の姿は生まれて3週間くらいの短い期間だけなので、ぜひ愛らしい姿を見に来てもらいたいです」と話していました。

水族館によりますと、赤ちゃんはあと1週間から2週間ほどで親から離れ、餌も自分で食べられるようになるということです。