日銀 国債無制限買い入れ実施 あすから初の「連続指値オペ」へ

日銀は、指定した利回り0.25%で国債を無制限に買い入れる措置を28日に実施しました。長期金利の上昇を抑えるねらいですが、発表を受けて日米の金利差が広がることが意識され円売りドル買いの動きが強まり、円相場は一時1ドル=125円台まで円安が進みました。

28日の債券市場では、アメリカが金融引き締めのペースを早めるという見方から日本国債を売る動きが出て、午前の取り引きで長期金利が上昇し、一時0.245%になりました。

日銀は金融緩和策の一環として長期金利の変動幅を「プラスマイナス0.25%程度」で推移するよう調節するとしていて、その上限に近づいたことから、28日、0.25%の利回りで、国債を無制限に買い入れる「指値オペ」と呼ばれる措置を実施しました。

国債は市場で買われると金利が下がるという関係にあり、日銀が利回りを指定して国債を制限なく買い入れることで長期金利の上昇を抑える効果が見込まれます。

午前の取り引きでは買い入れはなく、午後に改めて実施した措置で645億円分の国債を買い入れ、長期金利を変動幅の上限の0.25%に抑えた形です。

さらに、日銀は一定期間にわたって指値オペを行う「連続指値オペ」と呼ばれる措置を29日から今月31日まで3日間、実施すると発表しました。

28日と同じく0.25%で国債を無制限に買い入れるとしていて、連続指値オペの実施は、去年3月に制度が導入されてから初めてとなります。

一方、28日の外国為替市場では円相場は一時1ドル=125円台まで円安が進みました。

これは、利上げ姿勢を鮮明にしているアメリカとの間で金利差が拡大することが意識され、円を売ってより利回りが見込めるドルを買う動きが一段と強まったもので、およそ6年7か月ぶりの円安水準となりました。

官房長官「急速な変動望ましくない」

松野官房長官は、28日午後の記者会見で「相場の水準などについてコメントすることは差し控えたいが、為替の安定は重要であり、急速な変動は望ましくない。特に最近の円安の進行を含め、為替市場の動向や日本経済への影響をしっかりと緊張感を持って注視していきたい」と述べました。