地震で脱線した東北新幹線の車両 現場から移動作業始まる

震度6強を観測した地震により東北新幹線が走行中に脱線した事故で、レールに戻した車両を現場から最寄りの駅に移動させる作業が始まりました。

東北新幹線は、今月16日の地震で宮城県白石市内を走行中の17両編成の下り列車が脱線し、乗客4人がけがをしました。

現場では、今月20日から脱線した16両の車両をレールに戻す作業が行われていて、27日からおよそ2キロ離れた白石蔵王駅に移動させる作業が始まりました。

仙台方面に向かって先頭の車両と2両目の車両がけん引するための作業車に連結されて引っ張られながらゆっくりと進み、20分ほどかけて駅に到着しました。

27日は合わせて4両の車両の移動が完了しました。

JR東日本によりますと、今後、脱線した車両をレールに戻す作業をジャッキに加えクレーンも使って行い、今週末ごろにはすべての車両を現場から移動させられるということです。

そして、レールなどの復旧状況をみながら宮城県利府町にある新幹線総合車両センターに運ぶ予定だということです。

東北新幹線は福島県の郡山駅と岩手県の一ノ関駅の間が現在も不通となっていて、JR東日本は来月20日前後の全線での運転再開を目指しています。