地方銀行とローソン銀行システム障害 完全復旧時間かかるか

全国の8つの地方銀行とローソン銀行ではシステム障害のため、ATM=現金自動預け払い機やインターネットバンキングでの取り引きができなくなっています。銀行のシステムを管理するデータセンターの管理会社によりますとシステムは順次、復旧しているものの、完全な復旧には時間がかかる見通しだということです。

水戸市に本店がある常陽銀行、宇都宮市に本店がある足利銀行、岐阜市に本店がある十六銀行、奈良市に本店がある南都銀行、広島市に本店があるもみじ銀行、下関市に本店がある山口銀行、高松市に本店がある百十四銀行、北九州市に本店がある北九州銀行、そしてローソン銀行では26日午前からシステム障害のためATM=現金自動預け払い機やインターネットバンキングが利用できなくなりました。

8つの地方銀行で取り引きができないATMはおよそ3500台に上ります。8つの地方銀行が共同で利用しているシステムとローソン銀行のシステムを管理しているデータセンターで26日、昼前に電源系統の障害が発生したためということです。

データセンターの管理会社のキンドリルジャパンによりますとシステムは順次、復旧しているものの、完全な復旧には時間がかかる見通しだということです。

キンドリルジャパンは「多大なご迷惑をおかけしていることを深くおわび申し上げます」とコメントしています。