東京オリンピックの公式映画 異なる視点の2作品に 6月公開へ

57年ぶりに自国開催の夏のオリンピックとなった、去年の東京オリンピックの公式映画が、アスリート中心の作品と、大会関係者などを描いた作品の2つの映画として公開されることになりました。

オリンピックの公式映画は、1912年のストックホルム大会から作られていて、去年夏の東京大会では河瀬直美さんが監督を務めました。

24日、都内で行われた記者会見で、東京大会の公式映画は、
▽アスリートを中心とした「SIDE:A」と
▽大会関係者やボランティア、市民などを描いた「SIDE:B」という、
異なる視点からの2つの作品となることが発表されました。

これについて河瀬監督は「歴史上残さないといけないもので、新型コロナウイルスが私たちを分断する事態も多く見受けられた。大会期間中のアスリートだけではない事態を記録しなければ、未来に伝えていくアーカイブとしての意味がないのではないか」とその理由を明かしました。

そのうえで「日本がこの局面で、この時間を過ごしたこと。私たちが選択したことが、正しかったのか、間違っていたのかも含め、次の世代の人たちが1つの教科書のようにしていただけるとありがたい」と話していました。

東京大会の公式映画はことし6月に公開される予定です。