北朝鮮 弾道ミサイル発射か “一部は日本のEEZ外に落下か”

政府は、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表しました。
防衛省関係者によりますと、弾道ミサイルの可能性のあるものの一部は、日本のEEZ=排他的経済水域の外側の日本海に落下したとみられるということです。

防衛省関係者「一部は日本のEEZ外にすでに落下か」

防衛省は北朝鮮から弾道ミサイルの可能性のあるものが発射されたと午後2時40分に発表しました。
防衛省関係者によりますと、弾道ミサイルの可能性のあるものの一部は、日本のEEZ=排他的経済水域の外側の日本海に落下したとみられるということです。
防衛省は引き続き情報の収集と分析を進めています。

政府 官邸対策室に緊急参集チームを招集

政府は、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している官邸対策室に関係省庁の担当者をメンバーとする緊急参集チームを招集し、情報の収集と被害の確認などにあたっています。

韓国軍合同参謀本部も発射と発表

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が日本海に向けて飛しょう体を発射したと明らかにしました。

韓国軍は、アメリカ軍とともに詳しい情報の収集や分析を急いでいます。北朝鮮が弾道ミサイルなどの飛しょう体を発射するのは、ロケット砲を除いて、ことしに入ってこれで11回目です。

このうち1月には、アメリカのグアムを射程に収めるとされる中距離弾道ミサイル「火星12型」を、通常より角度をつけて高く打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射しました。

その後、先月27日と今月5日には、首都ピョンヤン郊外から弾道ミサイルを1発ずつ発射し、防衛省はいずれもICBM=大陸間弾道ミサイル級だったとする分析結果を明らかにしました。

さらに、今月16日にも、同じピョンヤン郊外から弾道ミサイルと推定される飛しょう体を発射しましたが、直後に空中爆発して失敗したとみられていて、韓国軍はICBMに関連した発射だったとする見方を示していました。

韓国 連合ニュース「長距離弾道ミサイル1発と推定」と伝える

韓国の通信社の連合ニュースは、北朝鮮が発射した飛しょう体について、韓国軍の合同参謀本部の話として「長距離弾道ミサイル1発と推定される」と伝えました。