サッカー日本代表【詳細】W杯決定 2対0でオーストラリアに勝利

サッカーの日本代表は、24日夜、オーストラリアのシドニーで行われたワールドカップアジア最終予選の第9戦でオーストラリアに2対0で勝ち、7大会連続7回目となるワールドカップ出場を決めました。

日本はことし1月と先月の最終予選2試合をケガで欠場したキャプテンの吉田麻也選手のほか、最終予選で4試合連続ゴールを挙げている伊東純也選手などが先発しました。

試合は終盤まで0対0でしたが、後半、途中出場した三笘薫選手が立て続けに2点を挙げ、2対0で勝ちました。

これで日本はアジア最終予選の通算成績を7勝2敗として勝ち点を「21」に伸ばし、グループBの2位以内を確定させ、1試合を残してワールドカップカタール大会への出場を決めました。

日本のワールドカップ出場は1998年のフランス大会以来、7大会連続7回目となります。

グループBのこのほかの試合は、サウジアラビアが中国と引き分け、勝ち点を「20」としてグループ2位以内が確定し、本大会出場が決まりました。
サウジアラビアはこのあとオーストラリアと対戦し、その結果によって日本のグループBでの順位が1位か2位か決まります。

オーストラリアは、勝ち点15のままで残り1試合を残してグループ3位が決まりました。今後、プレーオフにまわり、まずはグループAの3位のチームと対戦し、勝てば大陸間プレーオフに進みます。

2得点の活躍 三笘薫とは

三笘薫選手は神奈川県出身の24歳。ベルギー1部リーグのサンジロワーズでプレーしています。最大の持ち味は緩急をつけたドリブル突破で、精度の高いパスやシュートにつなげる攻撃的なセンスが光るミッドフィルダーです。

J1の川崎フロンターレではルーキーだった2年前のシーズンにJ1の新人最多記録に並ぶ13点をあげ、去年は東京オリンピックにも出場しました。

去年夏に移籍したベルギー1部のチームでも1試合に3得点のハットトリックもマークしています。

そして、去年11月には年齢制限のない代表に初めて選ばれ、オマーン戦では途中出場ながら得意のドリブルで攻撃を活性化させ、決勝点をアシストしていました。

【監督・選手談話】

森保一監督は「苦しい戦いばかりだったが、いろんな人がわれわれにサッカーをできる環境を作ってくれた。まずは感謝したい」と話しました。そして「サポーターの皆さんや国民の皆さんと一丸となって戦ったが、これまでつなげてくれた選手やスタッフがいたからこそこの場に立って勝利することができた。日本代表を支えてくれたすべての方々とワールドカップ出場をつかみ取れたと思っている。いっしょに喜び合いたい。皆さん、応援、支援ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べました
キャプテンの吉田麻也選手はワールドカップ出場を決めたことについて「ほっとした」と話しました。
試合の勝因については「後半、相手が出てこなくてはいけないところまで0対0でいけたことで、後ろに大きなスペースができた。そこで三笘選手がうまく点を決めてくれた。プランどおりでよかった」と振り返りました。
そして最後に「本当にうれしいです」と笑顔で話しました。
遠藤航選手は「相手も勢いはあったが、南野選手が先発で意識的に裏を狙い、守備では強くいくことができたし、中盤はボールを動かしながらやれた。後半は失点しないようなポジショニングを自分も取ったので押し込まれるシーンが長かったが、最後に点をとれてよかった」と試合を振り返りました。
そして「チームとしてはすごくいい形でワールカップ出場を決められたが、ここからがスタートだと思う。厳しい戦いになるので、そこに向けてチームとしても個人としても準備をしていけたらいい」と意気込んでいました。
2点を挙げる活躍だった三笘薫選手は「全部出し切った。全員の力で勝ち取った勝利だと思う」と喜びを語りました。先制ゴールについては「0対0の展開だったので『いくしかない』と思っていた。山根選手がボールを持った時点でフロンターレでプレーしている時のようにパスが来るのはわかっていた。すばらしいボールが来た。ゴールの瞬間は覚えていない」と振り返りました。
そして、2点目については「力もあまっていたので相手を1人崩せばゴール前まで侵入できると思った」と話していました。
日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「スタジアムに足を運んでくれた多くのサポーターの皆様、日本から声援を送ってくれた皆様の応援が選手たちの大きな力になった。あらためてファン、サポーターの皆様に感謝いたします。ワールドカップに出場できることをとても嬉しく思うが、これから本大会でこれまで以上の成績を残すための本当の勝負が始まる。今後の強化をしっかりと行い、良いチームにしていきたい」と協会を通じてコメントを出しました。

【日本代表 今後の予定】

日本代表はこのあと、アジア最終予選の最後の試合として今月29日に埼玉スタジアムでベトナムと対戦します。
そして、来月1日にはワールドカップの組み合わせ抽せんが行われ、1次リーグの対戦相手が決まります。
日本サッカー協会はことし5月末から6月中旬にかけて、2週間余り代表活動ができる期間に強化試合を4試合、組みたい考えです。
9月にも1週間余りの代表活動ができる期間が設定されていて、ここにも強化試合を入れたいとしています。
今回のカタール大会は中東の厳しい暑さを考慮して、史上初めて11月から12月にかけて開催されます。ヨーロッパのリーグがシーズン中に当たることから従来のように事前合宿をして大会を迎えることができない見通しで、日本サッカー協会の反町康治技術委員長は「ヨーロッパでプレーする選手の多くがギリギリまでリーグ戦を戦っていることを考えると本大会に向けた直前の試合はできても1試合程度」と話しています。

このため、限られた準備期間で選手の組み合わせなどを試しながらどれだけ連係を深めていけるか、森保一監督の手腕が問われます。

日本はこれまでのワールドカップで3回、決勝トーナメントに進出しましたがいずれも1回戦で敗れてベスト16に終わっていて、森保監督はカタール大会では過去最高のベスト8以上を目指すとしています。

【オーストラリア戦はテレビ中継なし】
一方、24日のオーストラリア戦は国内では有料のネット配信に限られ、テレビ中継はありませんでした。この試合はスポーツ動画を有料で配信する「DAZN」が最終予選を主催するAFC=アジアサッカー連盟から放映権を獲得して配信しました。
日本の本大会出場が決まった試合でテレビ中継がないのは初めてです。

【試合経過】

<前半開始>
日本時間午後6時10分すぎ、日本のキックオフで試合が始まりました。
試合会場のシドニーでは試合開始1時間ほど前から雨が降り始めました。

<前半1分>
日本の南野選手がこの試合で日本の最初のシュートを打ちましたが、相手のゴールキーパーに止められました。
<前半9分>
日本はディフェンダーの吉田選手からのロングボールが左サイドの浅野選手にわたり、中央の遠藤選手にパス。遠藤選手のシュートは、ゴール前の伊東選手の足元に行きましたが、オフサイドの判定となりました。

<前半10分>
オーストラリアの選手を倒した長友佑都選手にイエローカードが出されました。

<前半11分>
オーストラリアはボイル選手がこの試合、初めてのシュートを打ちましたが枠の外でした。

<前半14分>
オーストラリアはこの試合で初めてコーナーキックからゴールを狙いましたが、吉田選手がヘディングでクリアしました。

<前半15分>
オーストラリアのメトカーフ選手にイエローカードが出されました。

<前半26分>
オーストラリアのコーナーキック。ゴール前の混戦で、相手のシュートがゴールに入りましたが、その直前のプレーでゴールキーパーの権田選手が相手に倒されていたことからノーゴールの判定に。

<前半28分>
日本が右サイドでチャンスを作り、ゴール前の南野選手へ。しかしシュートは枠の左に外れました。

<前半29分>
オーストラリアのマビルが選手がシュートを打ちましたが、ゴールキーパーの権田選手が止めました。
<前半32分>
右サイドの伊東選手からのクロスに南野選手が頭であわせました。ボールはクロスバーに当たってほぼ真下に落ちましたが、ゴールラインを割ることはできませんでした。

<前半35分>
オーストラリアがミドルシュート。ゴール前で相手選手がコースを変え、シュートは枠の外へ。

<前半37分>
左サイドを攻め込んだ長友選手が中央の南野選手にクロスを送り、南野選手が直接狙いましたが、ゴールはなりませんでした。

<前半40分>
クロスに合わせ南野選手のヘディングシュートを打ちましたが、相手ゴールキーパーに阻まれました。
<前半アディショナルタイム>
日本は遠藤選手がミドルシュートを狙いましたが、枠をとらえられませんでした。前半を終了し、両チーム無得点です。

【前半の状況】
▽ボール保持率:日本58.7% オーストラリア41.3%
▽シュート数:日本10 オーストラリア6
▽パスの数:日本298 オーストラリア209
<後半開始>
日本時間19時14分ごろ、後半が始まりました。日本の選手に交代はありません。オーストラリアはコナー・メトカーフ選手に代わってジェームズ・ジェゴ選手が入りました。

<後半2分>
オーストラリアが中央付近でフリーキック。フルスティッチ選手が直接狙いましたが、ゴールキーパーの権田選手が防ぎました。

<後半3分>
オーストラリアのフルスティッチ選手がシュートを打ちましたが枠を外しました。

<後半9分>
浅野選手が倒され、ステンズネス選手にイエローカードが出されました。日本はフリーキックを獲得しましたが、ここは直接は狙いませんでした。

<後半17分>
日本は攻撃を急がず相手陣内で短くパスをつないでスキをうかがう展開。
浅野選手がペナルティーエリア付近でシュートを打ちましたがミートできず、相手キーパーにセーブされました。

<後半19分>
日本が選手交代。長友選手に代わって中山雄太選手、浅野選手に代わって上田綺世選手が入りました。

<後半22分>
日本のコーナーキック。ボールは直接相手ゴールキーパーにキャッチされました。

<後半23分>
オーストラリアが選手2人を交代。ミッドフィルダーのマビル選手に代わってティリオ選手が、フォワードのデューク選手に代わってフォルナローリ選手が入りました。

<後半24分>
南野選手からのボールを受けた途中出場の上田選手がシュートも、枠をとらえられませんでした。

<後半35分>
日本は右サイドから守田選手がペナルティーエリア内の南野選手にクロスボールを送り、南野選手がシュートを狙いましたが、相手ディフェンダーにあたってゴールは決まりませんでした。

<後半38分>
日本が選手交代。南野選手に代わって原口元気選手、田中選手に代わって三笘薫選手が入りました。
オーストラリアはボイル選手に代わってマクラーレン選手が入りました。

<後半44分>日本が先制
山根選手のパスに途中出場の三笘選手がゴールを決め均衡を破りました。
後半アディショナルタイムは4分です。
<後半アディショナルタイム4分>
日本は三笘選手が左サイドからドリブルで中央まで切れ込んでシュート。2点目を奪いました。

<試合終了>
日本が2対0で勝ちました。

【先発メンバー】

日本
【GK】
権田修一
【DF】
長友佑都/山根視来/吉田麻也
【MF】
板倉滉/遠藤航/南野拓実/守田英正/伊東純也/田中碧
【FW】
浅野拓磨

=SUB=
(GK)川島永嗣/シュミット ダニエル/谷晃生
(DF)佐々木翔/谷口彰悟/植田直通/中山雄太
(MF)原口元気/柴崎岳/三笘薫/旗手怜央/久保建英
(FW)上田綺世

オーストラリア
【GK】
マシュー・ライアン
【DF】
ライアン・グラント/ジョエル・キング/ジアニ・ステンズネス/トレント・セインズブリー
【MF】
コナー・メトカーフ/アワー・マビル
【FW】
ミシュロ デゲネク/マーティン・ボイル/アイディン・フルスティッチ/ミッチェル・デューク