【動画】ふるさと納税 返礼品は “高速スパイク”

国内トップレベルの選手たちが放つ、時速150kmとも言われるスパイク。あなたはレシーブできますか?
大阪府枚方市がバレーボール・Vリーグチームと連携して考案した、ふるさと納税の“体験型”返礼品が話題を集めています。バレーボールのコートに立ちネットの向こうから選手が打つスパイクを1人でレシーブするという体験です。

ベッドタウンとして発展してきた枚方市はここ10年人口が減少。農業や漁業が盛んな自治体に比べて特産品が少ないなか着目したのが、枚方市に本拠地を置くVリーグチームでした。試合の観戦チケットなどもつけて3年前から販売。ことしはおよそ1分で完売しました。

全国各地から参加したのはおよそ20人。思い出に残る体験となったようです。

(動画は4分32秒です。データ放送ではご覧になれません)