円相場 一時1ドル=121円台に値下がり 6年1か月ぶりの円安水準

22日の外国為替市場では、アメリカでの利上げのペースが速まるという見方から円を売ってドルを買う動きが続き、円相場は一時、1ドル=121円台をつけ、6年1か月ぶりの円安ドル高水準まで下落しました。

22日の外国為替市場では、アメリカのFRB=連邦準備制度理事会による利上げのペースが速まるとの見方から円を売ってドルを買う動きが強まりました。

このため、ロンドン市場で円相場が一時、1ドル=121円台まで値下がりし、2016年2月以来、6年1か月ぶりの円安ドル高水準をつけました。

円安が進んでいる背景には日銀が大規模な金融緩和策を維持する一方、先週、利上げに踏み切ったFRBがさらに利上げのペースを速めることで、日本とアメリカの間の金利差が一段と拡大すると見られていることがあります。

市場関係者は「ウクライナ情勢を背景に基軸通貨であるドルが買われやすい状況が続いていることも円安につながっている」と話しています。