相場操縦事件 SMBC日興証券の刑事責任追及へ 東京地検特捜部

SMBC日興証券の幹部による相場操縦事件で、容疑となった5つの銘柄以外にも複数の銘柄で不正な株取引が行われていた疑いがあることが関係者への取材でわかりました。

東京地検特捜部は、不正を防ぐための管理体制が不十分だったとして近く、法人としてのSMBC日興証券についても金融商品取引法違反の罪で刑事責任を追及するものとみられます。

SMBC日興証券のエクイティ本部の前本部長、トレボー・ヒル容疑者(51)やエクイティ部の前部長、山田誠容疑者(44)ら4人は、おととし11月までのおよそ1年間に、特定の銘柄について、不正な株取引を行ったとして金融商品取引法違反の相場操縦の疑いで逮捕されました。

関係者によりますと、4人は5つの銘柄の値下がりを防ぐため連絡を取り合うなどして大量に買い付けていた疑いがあることがわかっていますが、ほかにも複数の銘柄が同様の手口で不正に取引されていた疑いがあることが新たにわかりました。

山田前部長は取引のあと「SMBC日興証券のために買い支えを行った」などと複数の上司にメールで報告していた疑いもあるということです。

特捜部は、不正が組織的に繰り返され、不正を防ぐための管理体制も不十分だったとして、近く法人としてのSMBC日興証券についても金融商品取引法違反の罪で刑事責任を追及するものとみられます。