今夜の停電のおそれは解消 節電の呼びかけは継続 経済産業省

政府は22日の電力需給が極めて厳しい状況だとして、東京電力と東北電力の管内に初めてとなる「電力需給ひっ迫警報」を出しました。

経済産業省は今夜、停電するおそれはなくなったと午後9時前に明らかにしましたが「ひっ迫警報」は継続しており、家庭や企業に引き続き節電を呼びかけています。

関東地方では22日、低気圧と寒気の影響で気温が下がり、暖房などの電力需要が増えています。

一方、今月16日の地震の影響で、東京電力管内に電力を送る、福島県にある広野火力発電所6号機、相馬共同火力発電の新地火力発電所の1号機は今も運転停止の状態が続いています。

このため政府は21日夜、電力供給の余力が低く、大規模な停電につながるおそれもあるとして初めて電力需給ひっ迫警報を出しました。

また、東北電力管内にも22日、ひっ迫警報を出しました。

節電の呼びかけにもかかわらず、東京電力管内の電力の供給力に対する需要の割合を示す「使用率」は午後2時台の実績で107%となり、データの上では電力の需要実績が供給力を上回っている状況になりました。

萩生田経済産業大臣は22日午後3時前に緊急の記者会見を開き企業や家庭に対して午後3時から午後8時までもう一段の節電を強く要請しました。

家庭や企業の節電協力もあって東京電力管内の「使用率」は午後8時台の実績で89%となりました。

経済産業省は2つの電力管内で22日夜、停電するおそれはなくなったと午後9時前に明らかにしました。

このうち東北電力管内について23日の需給の見通しが立った時点22日夜じゅうにひっ迫警報を解除する方向です。

一方、東京電力管内は23日も警報を継続することにしていて、家庭や企業に引き続き節電を呼びかけています。