米FRB議長 インフレ抑制で利上げ幅「0.5%」の可能性を示唆

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会のパウエル議長は、インフレの抑制を急ぐため、今後、1回の会合で利上げの幅を「0.5%」と、通常の2倍にする可能性を示唆しました。

FRBは今月16日、インフレへの対応を急ぐため、ゼロ金利政策を解除して金融の引き締めに転換し、政策金利を0.25%引き上げることを決めました。

これについてパウエル議長は21日の講演で「ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の前から、ことしのインフレ予想は大きく悪化するとみていた。供給サイドが改善する時期や範囲は極めて不確かだ」と述べ、サプライチェーン=供給網の混乱などを背景に、想定を超えてインフレが長期化しているという認識を示しました。

そのうえで、今後の利上げのペースについて「より積極的に動くことが適切だと判断した場合は引き上げ幅を0.25%よりも大きくする」と述べました。

この発言は今後、1回の会合で利上げの幅を0.5%と、通常の2倍にする可能性があることを示唆していて、必要に応じて金融引き締めのペースを速める姿勢を強調した形です。

ただ、引き締めを急げば景気にはマイナスになるおそれもあり、ウクライナ情勢による影響などを見極めながらの難しい対応が続きそうです。