種子島沖 火災の漁船が沈没 1人死亡 4人不明 捜索続く

21日、鹿児島県種子島沖の太平洋を航行していた漁船で火災が起きて、その後沈没し、乗組員8人のうち1人が死亡し4人の行方が分からなくなっていて、海上保安本部が24時間態勢で捜索を続けています。

21日午前7時すぎ、鹿児島県種子島の南東およそ185キロの海上で、高知県のまぐろはえなわ漁船「第五十一勇仁丸」から火が出て燃え広がり、漁船はおよそ10時間後に沈没しました。

第10管区海上保安本部によりますと、日本人2人とインドネシア人6人の合わせて8人の乗組員のうち、インドネシア人3人は近くを航行していたタンカーに救助されました。

また、1人が漂流しているのが見つかり海上保安本部に救助されましたが、搬送先で死亡が確認されました。

現在、4人の行方が分からなくなっていて、海上保安本部が、航空機と巡視船を出して24時間態勢で捜索を続けています。