相場操縦事件「会社のために行った」取引後に上司にメールか

SMBC日興証券の幹部4人が相場操縦の疑いで逮捕された事件で、このうち1人が不正とされた取引を行ったあと「会社のために行った」などと複数の上司にメールで報告していた疑いがあることが、関係者への取材で新たにわかりました。
東京地検特捜部はこのメールを入手し、組織的に不正が行われていたとみて実態解明を進めているものとみられます。

SMBC日興証券のエクイティ本部の前本部長、トレボー・ヒル容疑者(51)と、エクイティ部の前部長の山田誠容疑者(44)ら4人は、おととし11月までのおよそ1年間に、特定の5つの銘柄について株価の下落を防ぐため不正な取引を行ったとして金融商品取引法違反の相場操縦の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

このうちエクイティ部は、証券会社の自己資金で株を売買する部署で、山田前部長は、不正とされた取引を行ったあと、上司にあたるヒル前本部長らに「SMBC日興証券のために買い支えを行った」などと複数回にわたってメールで報告していた疑いがあることが関係者への取材で新たにわかりました。

このメールの一部は、エクイティ本部を統括する副社長にも送られていたということです。

特捜部はこのメールを入手し、不正が組織的に繰り返されていたとみて、メールで報告を受けた上司らの認識についても解明を進めているものとみられます。

副社長は特捜部の任意の事情聴取に対し「取引の報告は受けていたが違法という認識はなかった」などと説明しているということです。

特捜部は逮捕された幹部4人の認否を明らかにしていません。