新年度予算案 22日成立の見通し 参院本会議採決で与野党合意

参議院で審議が行われている新年度=令和4年度の予算案は、来週22日に行われる予算委員会での採決のあと、直ちに本会議でも採決を行うことで与野党が合意し、その日のうちに成立する見通しとなりました。

一般会計の総額が過去最大の107兆円余りとなる令和4年度予算案は、先月から参議院で実質的な審議が行われていて、17日の予算委員会の理事会で、来週22日に締めくくりの質疑と採決を行うことで与野党が合意しました。

これを受けて、18日朝開かれた参議院議院運営委員会の理事会で与野党が協議した結果、予算委員会で予算案が可決されれば、直ちに本会議を開き、採決を行うことで与野党が合意しました。

予算案をめぐっては、与党側と政策協議を続けている国民民主党が衆議院に続いて参議院でも賛成する方針を確認していて、予算案は22日に自民・公明両党と国民民主党などの賛成多数で可決・成立する見通しです。