クリニック放火 容疑者死亡で不起訴 動機特定されず捜査終結

大阪 北区のビルに入るクリニックが放火され、巻き込まれた26人が死亡した事件で16日、殺人と放火などの疑いで書類送検された61歳の容疑者について、大阪地方検察庁は、容疑者死亡で不起訴としました。

3か月前の去年12月17日、大阪 北区のビルに入る心療内科のクリニックが放火され巻き込まれた26人が死亡した事件では、警察は16日、この26人とは別に事件で死亡した谷本盛雄容疑者(61)を殺人と放火などの疑いで書類送検しました。

谷本容疑者について、大阪地方検察庁は、容疑者死亡で不起訴としました。

これまでの警察の捜査では事前に計画したうえで強い殺意を持って事件を起こしたとみられる一方、クリニックとの間にトラブルはみつかりませんでした。

また、ここ数年で交友関係があった人はみつからず、口座の残高がゼロになるなど、社会から孤立し経済的にも困窮したなか、無関係だった多くの人を巻き添えに自殺を図ったとみられています。

心肺停止の状態で搬送され、取り調べを受けることなく死亡していて、事件の詳しい動機が特定されないまま、捜査は終結しました。