地震 東北新幹線 脱線は17両のうち計16両 乗客・乗員けがなし

16日夜、福島駅と白石蔵王駅の間で脱線した東北新幹線下りの「やまびこ223号」について、JR東日本は、17両編成のうち、13号車の1両を除く合わせて16両が脱線したことを明らかにしました。

また、乗客は75人、乗務員は3人で、いずれもけがはなく、列車を降りて線路沿いを歩き、現場から1キロほど離れたところにある非常口を通じて高架を降り、待機しているバスで移動を始めたということです。

運転再開の見通し立たず

JR東日本によりますと、東北新幹線は、設備の点検を徒歩で行うため相当な時間がかかるとして、那須塩原駅から盛岡駅の間については運転再開の見通しは立っていないということです。

▼東京駅から那須塩原駅、
▼盛岡駅から新函館北斗駅の間については、
大幅に本数を減らしたうえで運転するということです。

脱線した「やまびこ223号」については、今後、国の運輸安全委員会が状況や原因を調査するほか、その後、レールに戻す作業も行われることから、当面、現場に留め置かれることになるということです。

乗客「経験したことのない衝撃」

「やまびこ223号」に乗っていた人たちは車両を降り、宮城県白石市の白石蔵王駅でJRが用意したバスに乗り込みました。

乗客の50代の女性は「電車が傾いて経験したことのない衝撃を受けた。車内では、みんなで不安を解消しようと声をかけあって非常灯がついていた明るいところに移動し、会話をしながら待機していた」と話していました。

また、乗客の30代の男性は「急停車したあとに車内が停電した。脱線したとき、車内は大きくバウンドして、尻を強打した。特に6号車の被害が大きく、自分も手伝って乗客を5号車に移動させた」と話していました。