福島第一原発2号機 使用済み核燃料プール タンク水位一時低下

東京電力によりますと、17日午前0時すぎ、福島第一原子力発電所2号機で使用済み核燃料プールにつながるタンクの水位が一時、低下したということです。

このため、タンクの水位が下がらないよう弁を閉める措置をとり、水位の低下は止まりましたが、同時に、プールに循環させる冷却のための水が送れなくなっているということです。

東京電力はタンクに水漏れなどの異常がないことを確認したうえで復旧作業を行うことにしています。

福島第一原発5号機 火災報知器作動も火災なし

また、午前0時前、福島第一原発5号機のタービン建屋と事務本館で火災報知器が作動しましたが、その後、東京電力と消防で火災ではなかったことが確認されたということです。

午前1時30分現在、1号機から6号機のプラントのデータや使用済み核燃料が入るプールの冷却設備は運転を継続していて、今のところ異常はないことを確認したということです。

このほか、敷地内の放射線量を測定するモニタリングポストの値や空気中の放射性物質の量を測るダストモニターの値に変化はないということです。