建築家 安藤忠雄さん設計など2つのギャラリー開館 香川 直島町

香川県直島町に2つのギャラリーが新たにオープンしました。

このうち、美術館が集まるエリアの山の谷間に作られた「ヴァレーギャラリー」は、建築家の安藤忠雄さんが設計しました。

建物の内部はコンクリートによる落ち着いた雰囲気がある一方、隙間からは外の光を取り入れる構造で、自然を感じることができます。

敷地内には安藤さんをはじめ著名な芸術家の作品が展示され、前衛芸術家の草間彌生さんの作品、ステンレス製のミラーボールをおよそ1700個も配置した「ナルシスの庭」では、訪れた人たちが熱心に写真を撮るなどして鑑賞していました。

高松市から来た男性は「新しい安藤さんの建物と草間さんの作品がどうやって一緒にコラボするのかを楽しみにきました。島の地形を生かした建物と作品が一体になっているのがすごくいいなと思います」と話していました。
また、現代美術作家の杉本博司さんの作品を展示するギャラリーもオープンしました。

このうち、「聞鳥庵」という茶室はガラス張りになっていて、瀬戸内海の風景に溶け込んだ茶室の様子を鑑賞し楽しむことができます。