中古車の平均取引価格 初の100万円超え 価格上昇が続く

先月の中古車の平均取引価格は、統計をさかのぼることができる2000年以降で初めて100万円を上回りました。半導体不足で新車の生産が滞る中、中古車の需要が高まっていますが、市場に出回る数が少なく価格の上昇が続いています。

中古車オークションの運営会社で最大手のUSSによりますと、先月、会社が仲介し取り引きが成立した中古車の平均落札価格は、1台当たり100万6000円でした。

平均落札価格が100万円を超えるのは、統計をさかのぼることができる2000年以降で初めてで、前の年の同じ月と比べて16万8000円、率にして20%上昇したことになります。

半導体不足などで車の生産が滞る中、新車は注文から納入まで最大で半年程度かかっていて、中古車の需要は高まっています。

ただ、関係者によりますと、買い替えに伴って市場に出回る中古車の数が少ないうえに、日本車の人気が高い海外にも輸出され、需要に供給が追いつかず価格を押し上げているということです。

中古車市場に詳しい東海東京調査センターの杉浦誠司シニアアナリストは「新型コロナをきっかけに価格が高騰している、鉄くずを取り出す目的で中古車を欲しがる人もいる。さまざまな要因が重なり、今後も中古車価格の上昇が続きそうだ」と指摘しています。