沖縄 伊江島空港 訓練中の小型機が墜落し炎上 搭乗の2人死亡

12日昼すぎ、沖縄本島沖にある伊江島の空港で飛行訓練を行っていた小型機が墜落、炎上し、乗っていた2人が死亡しました。

12日午後0時45分ごろ、沖縄本島沖にある伊江村の伊江島空港で、着陸してすぐに飛び立つ「タッチアンドゴー」と呼ばれる訓練を行っていた小型のプロペラ機が滑走路の脇に墜落し、炎上しました。

警察によりますと、この事故で小型機に乗っていた2人が死亡しました。

国土交通省によりますと、小型機は伊江島空港を午後0時35分に離陸し、およそ10分後に滑走路に進入した際、空港を囲うフェンスに衝突したとみられるということです。

この小型機は、救急患者の搬送を行っているNPO法人の「メッシュ・サポート」が運航していて、いずれもパイロットの60代と70代の男性が乗っていたということです。

国の運輸安全委員会は現地に調査官3人を派遣して事故の原因を調べることにしています。