ロシア依存低減へ “LNGの投資必要” G7エネルギー相緊急会合

ウクライナ情勢の緊迫化を受け、G7=主要7か国のエネルギー相の緊急会合が10日夜開かれ、ヨーロッパのロシア産の天然ガスへの依存度を減らすためにはエネルギー源などの多様化に向け、LNG=液化天然ガス関連の投資が必要だとする声明をまとました。

G7のエネルギー相の緊急会合は10日午後10時からオンラインで開かれ、萩生田経済産業大臣が出席しました。

会議後に発表された共同声明によりますと、ロシア軍がウクライナの原子力発電所などを攻撃したことについて「平和目的の施設の安全を損なういかなる行為も、国際法の原則に違反するものとして非難する」としています。

そのうえで、ヨーロッパのロシア産の天然ガスへの依存度を減らすためには「LNG=液化天然ガスへの投資が必要だ」としていて、エネルギー源や調達先の多様化に取り組むべきだとしています。

萩生田大臣は会合後、記者団に対し「エネルギー源の多様化につながる開発への積極的な投資、調達先の多角化を進めるなど、あらゆる手段を通じてエネルギーの安定供給に全力を尽くしていきたい」と述べました。

また、会合にはウクライナのハルシチェンコ エネルギー相も出席し、萩生田大臣によりますと「友好国、同志国の皆さんで支えてほしいという要望があった」ということです。