米 消費者物価指数 前年同月比7.9%上昇 約40年ぶりの高水準

アメリカの先月の消費者物価指数は前の年の同じ月と比べて7.9%の上昇と、およそ40年ぶりの高い水準になりました。
ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけにしたエネルギー価格の高騰で物価の上昇に拍車がかかる懸念もあります。

アメリカ労働省が10日発表した先月の消費者物価指数は、前の年の同じ月と比べて7.9%上昇し、1982年1月以来、40年1か月ぶりの高い水準になりました。

項目別では、
▼「ガソリン」が38%の上昇となったほか、
▼「電気代」が9%、
▼「食品」が7.9%、
▼「家賃」も4.2%上昇しました。

アメリカでは、物流の混乱や人手不足で需要の回復に供給が追いつかず、記録的なインフレが起きていて、これにエネルギー価格の値上がりも加わって、物価の上昇が加速しています。

インフレを抑え込むため、中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は、来週の会合で金融の引き締めにあたる利上げに踏み切る見通しです。

ただ、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻をきっかけにエネルギー価格がさらに上がり、物価の上昇に拍車がかかる懸念が出ていて、金融政策のかじ取りが一層難しくなっています。