ウクライナから日本に避難の女性ら3人 羽田空港で家族と再会

ロシアによる軍事侵攻を受け先月ウクライナを出国し、ポーランドなどを経由して娘が暮らす日本に避難してきたウクライナ人の女性など3人が10日、羽田空港から入国し、涙を流しながら抱き合い家族との再会を喜びました。

日本に避難してきたのは、ウクライナ東部に住んでいたリボフ・ヴィルリッチさん(59)と孫のブラッド・ブラウンさん(12)など3人です。

羽田空港のロビーでは、娘のユリアさん(37)が日本人の夫や子どもとともに出迎え、「もう大丈夫だよ」などと声をかけ、涙を流しながら抱き合い再会を喜びました。

ヴィルリッチさんは持病で定期的に薬を服用する必要があり、ロシアによる軍事侵攻が始まった翌日の先月25日に日本への避難を決断したということです。

その後、ポーランドとフィンランドを経由し今月2日に日本に到着しましたが、新型コロナの検査で陽性となり、ホテルでの待機期間が終了した10日、入国しました。

ヴィルリッチさんは「同じように小さい子どもを連れて避難する人たちをたくさん見ました。日本は遠かったですが無事到着できたのでようやく安心して寝られます。ただ、ウクライナにはもう1人の娘が夫婦で残っているのでとても心配です」と話していました。

孫のブラウンさんは「ウクライナを出る道中で車やガソリンスタンドなどで攻撃のあとをたくさん見ました。どこにいても、いつミサイルで攻撃されるか分からず恐怖を感じていたので日本に着いて安心しています」と話していました。

母親と再会したユリアさんは「持病がある母をずっと心配していたので会えてとても安心しています。出国してから大変な状況の中を日本まで来たと思うのでリラックスさせてあげたい」と話していました。

UNHCR=国連難民高等弁務官事務所のまとめによりますと、ロシアによる軍事侵攻を受けてウクライナから国外に避難した人の数は8日時点で215万人に上っています。

政府はウクライナから国外に逃れる避難者を積極的に受け入れていく方針で、在留が長期化する人が出ることなども見込んでニーズに応じた支援体制の検討を急いでいます。