旭化成グループの工場爆発 業務上過失傷害の疑いで会社を捜索

今月1日、宮崎県延岡市にある旭化成のグループ会社の工場が爆発し、1人が行方不明、4人がけがをした事故で、警察は10日午前、業務上過失傷害の疑いで会社の捜索を始めました。

業務上過失傷害の疑いで捜索を受けているのは、延岡市水尻町にある旭化成のグループ会社で爆薬を製造している「カヤク・ジャパン」で、午前9時前に捜査員らが会社に入りました。
今月1日、カヤク・ジャパンの工場で爆発が起き、工場の作業員、黒木大地さん(24)の行方がわからなくなっているほか、県や会社によりますと、合わせて4人が軽いけがをしました。

会社によりますと、爆発が起きた建物にはダイナマイト3万本に相当する威力の火薬類が保管されていて、作業員が火薬類を貯蔵タンクから容器に移して、外に運び出す作業中に爆発が起きたとみられるということです。

警察は、会社の捜索で押収した資料を分析して、事故の原因や安全管理に問題がなかったなどを調べることにしています。