がん手術後の生存率 大阪府内の拠点病院と拠点以外の病院で差

大阪府内にあるがんの拠点病院で手術を受けた患者と、それ以外の病院の患者でその後の生存率に差があることが、大阪国際がんセンターのグループの分析でわかりました。グループでは病院側の経験の蓄積が関係している可能性もあるとして必要に応じて集約化を検討すべきだとしています。

大阪国際がんセンターの研究グループは、国や大阪府が指定するがんの拠点病院とそれ以外の病院で治療結果を比べようと、平成24年までの3年間に大阪府内でがんと診断されて手術を受けた15歳以上の患者8万6000人あまりの3年後の生存率を分析しました。

その結果、すべてのがんの生存率は
▽拠点以外の病院では78.8%だったのに対し
▽府の拠点病院では84.2%
▽国の拠点病院では86.6%と5ポイントから8ポイント近く高くなっていました。

がんの種類ごとに見ると
▽最も差が大きかったのは肺がんで国の拠点病院が拠点病院以外に比べて11.7ポイント高く
▽次いで大腸がんが9.2ポイント、胃がんが9ポイントなどとなっています。

一方、差が小さいものもあり、乳がんや子宮がん、前立腺がんなどは最大でも3ポイント程度でした。
大阪国際がんセンターがん対策センターの宮代勲所長は「がんの種類によっては手術が月1件ほどしか行われていない病院もある。経験が蓄積されず、医療チームの態勢も手薄になりがちなので、それぞれの病院の状況やがんの種類ごとの特徴を踏まえ、拠点病院への集約化を検討する必要がある」と話しています。