ソニーグループとホンダ EV開発や販売で提携・新会社設立へ

世界的にEV=電気自動車の開発競争が激しくなる中、ソニーグループとホンダは、EVの開発や販売で提携すると発表しました。年内に両社で新会社を設立し、2025年に電気自動車の最初のモデルの販売開始を目指すとしています。

ソニーグループは、4年前からEVの開発を進め、ことし1月には、SUV=多目的スポーツ車タイプの最新の試作車を公開し、EVの市場投入を本格的に検討することを明らかにしていました。

こうした中、ソニーグループは、ホンダとの間で、EVの開発や販売、それに関連するサービスの提供などで提携することで合意したと発表しました。

具体的には、年内に両社で新会社を設立し、ホンダが車体の開発や製造などの技術を提供する一方、ソニーはセンサーや通信などの技術を提供し、新時代の自動車やサービスの実現を目指すとしています。

そのうえで3年後の2025年に、EVの最初のモデルの販売を目指すとしています。

EVをめぐっては、大手自動車メーカーだけでなく、業界を超えた参入の動きが世界的に相次いで開発競争が激しくなっていて、日本を代表する企業の業種を超えた提携は、市場に大きな影響を与えそうです。

ソニーグループの吉田憲一郎社長は「自動車業界において常に先進的な取り組みをしてきたホンダとの提携を通じて、モビリティーの進化に貢献したい」とコメントしています。

また、ホンダの三部敏宏社長は「ソニーとホンダは歴史的、文化的にシンクロする点の多い企業で、それぞれの得意とする技術分野は異なっており、両社が設立する新会社には大いなる可能性がある」とコメントしています。

ソニーグループ 吉田社長 “モビリティーへの思い共有”

ホンダとともに記者会見したソニーグループの吉田憲一郎社長は「過去10年で人々の生活を大きく変えたメガトレンドはスマホだったが、これからの10年は、モビリティー=乗り物である。より大きな貢献をするためには、PCやスマホのように、EVそのものに自分自身で取り組むことが重要と考え始めた。そうした中でホンダの三部社長とお会いし、何度も話をしたが、モビリティーの進化にチャレンジしたいという思いを共有できた」と述べました。

そのうえで、吉田社長は「われわれの技術や経験と、ホンダが長年培ってきた開発力や車体製造の実績を掛け合わせ、モビリティーの進化をリードできるよう取り組んでいきたい」と述べました。

ホンダ 三部社長 “チャレンジ気風などシンクロ”

また、ホンダの三部敏宏社長は「モビリティーは、自動車やバイクといった製品や移動手段にとどまらず、社会と個人を結ぶデバイスの機能を担うようになっていく。これまでのモビリティーの概念自体が大きく変化する中で、ホンダは主体的に変革を起こし進化をリードする存在でありたい。ソニーとホンダは、創業者どうしの親交の深さにとどまらず、いまだ無いものにチャレンジする気風など歴史的にも文化的にもシンクロする点が多い」と述べました。

また、三部社長は「ホンダの車体製造の技術やアフターサービス運営の実績、それに、ソニーが持っている先進デジタル技術での強みを結集していく」と述べたうえで、ソニーとの協業とは別に、ホンダとして独自にEVの開発を進めていく考えを示しました。