上皇ご夫妻 来月にも赤坂御用地へ

上皇ご夫妻は、来月にも東京 港区の仮住まい先から赤坂御用地にお住まいを移し、新たな生活を始められる見通しとなりました。

上皇ご夫妻は、皇位継承に伴う天皇ご一家とのお住まいの入れ代わりのため、おととし、長年暮らした皇居を離れ東京 港区の仮住まい先で過ごされています。

関係者によりますと、来月にも、かつての住居で去年9月まで天皇ご一家が生活されていた赤坂御用地のお住まいに移られる見通しとなったということです。

赤坂御用地では、お住まいのバリアフリー化などの改修工事が進められていますが、3日にも上皇ご夫妻の引っ越し作業の入札公告が行われる予定です。

そして来月、ご夫妻が地方の御用邸などに滞在されている間に、身の回りの荷物が新たなお住まいに運び込まれる計画だということです。

このお住まいは、上皇ご夫妻が結婚後30年余りを過ごし天皇陛下や秋篠宮さまを育てた建物で、ご夫妻は秋篠宮ご一家などのお住まいもある思い出深い赤坂御用地に戻り新たな生活を始められることになります。

皇位継承から3年を経て、天皇ご一家と上皇ご夫妻のお住まいの入れ代わりが完了することになり、上皇ご夫妻の新たなお住まいの名称は「仙洞御所」となります。