根室沖でヘリ領空侵犯 ロシア機か 防衛省が外交ルート通じ抗議

2日午前、北海道の根室半島沖の上空でロシア機とみられるヘリコプターが日本の領空を侵犯しました。ロシア機やロシア機とみられる航空機が日本の領空を侵犯したと防衛省が公表したのは去年9月以来です。

防衛省によりますと、2日午前10時23分ごろ、北海道の根室半島の南東沖の上空でロシア機とみられるヘリコプター1機が日本の領空を侵犯しました。

北方領土周辺から南下してきたということで、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進して無線で警告を行いヘリコプターは領空を出たということです。領空を侵犯したのは数十秒間だったとしています。

ロシア機やロシア機とみられる航空機が日本の領空を侵犯したとして防衛省が公表したのは去年9月に北海道の知床岬周辺の上空で、ロシアの航空機1機が領空侵犯して以来です。

防衛省はロシア政府に対し外交ルートを通じて抗議しました。

防衛省はヘリコプターの所属を調べるとともに、ロシアによるウクライナ侵攻との関連がないかも含め飛行の目的を分析しています。

官房長官「外交ルートで厳重に抗議」

松野官房長官は午後の記者会見で「領空侵犯は極めて遺憾でありロシア政府に対して外交ルートで厳重に抗議をするとともに、再発防止を強く求めた」と述べました。
そのうえで「ロシアは2月以降、軍事演習などを通じ東西にわたって活動しうる能力を誇示していて、わが国周辺の海空域でも活動を活発化させている。活発化は懸念すべきもので、引き続き警戒監視や情報収集に万全を期していく」と述べました。