宮崎 延岡 旭化成の工場敷地内で爆発 1人けが 1人連絡取れず

1日午後、宮崎県延岡市の旭化成の「東海工場」の敷地内で爆発が起き、消防によりますとこれまでに1人がけがをしているほか、1人と連絡が取れなくなっています。

1日午後2時前、延岡市水尻町にある旭化成の「東海工場」で「火災が起きている」と消防に通報がありました。

消防によりますと午後3時半現在、この爆発で30代の男性がけがをしているほか、20代の男性と連絡が取れないということです。

けがをした30代の男性は意識はあり、自力で歩ける状態だということです。

爆発が起きたのは旭化成のグループ会社「カヤク・ジャパン」の東海工場で、花火や弾薬に使用される火薬の製造などを行っていて、敷地内には「工室」と呼ばれる建屋が20棟ほど建ち並んでいるということです。

この建屋では、火薬の原料となるニトログリセリンを製造していたということですが、旭化成本社によりますと、この建屋が爆発のあと無くなっている状況だということです。

爆発が起きた当時、この建屋には複数の従業員がいたということですが、行方が分からなくなっているのはこのうちの1人だということです。

午後4時現在、火が消し止められたという情報は入っていませんが、延焼のおそれもなく危険物の流出もないということです。

消防は連絡が取れなくなっている男性の捜索を続けています。

爆発が起きた現場は、JR延岡駅から北東に5キロの工場地帯です。

グループ会社の工場 “建屋1棟消えるほどの爆発”

旭化成延岡支社によりますと、火災が起きたのは東海工場の敷地内にあるグループ会社「カヤク・ジャパン」の工場です。

「カヤク・ジャパン」によりますと、東海工場では花火や弾薬に使用される火薬の製造などを行っていて、敷地内には「工室」と呼ばれる建屋が20棟ほど建ち並んでいるということです。

東海工場では、産業用などの火薬を製造しています。

産業用の火薬はトンネルなどの工事現場や鉱山などで使う火薬で、火災があったのは「第一洗浄工室」と呼ばれる建屋で、火薬の原料となるニトログリセリンを製造していたということです。

旭化成本社によりますと、この建屋が火災のあとなくなっているような状況だということです。

「カヤク・ジャパン」の本店には、午後2時ごろ「工場内で爆発があった。建屋1棟が消えるほどの爆発だった。行方不明者が1人いる」という連絡が入ったということです。

また、工場内にはおよそ30人の従業員がいたということで「カヤク・ジャパン」は詳しい状況などについて確認を進めています。

「カヤク・ジャパン」は、旭化成と東京の化学メーカー、日本化薬の、それぞれの産業用火薬事業を統合して、2008年に発足しました。

会社のホームページなどによりますと、建設分野や防衛分野、それに花火向けの火薬のほか、建設現場の発破作業に使われる資材などを生産しているということです。

旭化成は「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。現在、詳しい状況の確認に努めています」とコメントしています。

現場周辺の複数の住宅で窓ガラス割れる

工場がある地域の区長によりますと、周辺の複数の住宅で窓ガラスが割れる被害が出ているということです。

近くに住む人「ドーンという音 窓ガラスや家が揺れた」

旭化成の東海工場から南におよそ700メートル離れた所に住んでいる男性はNHKの取材に対し「急にドーンという音が聞こえて、窓ガラスや家が揺れたように感じました。驚いて外に出てみると、工場のほうから灰色の煙が上がっていました」と話していました。

東海工場から西に2キロほど離れた所にある東海中学校の職員は、NHKの取材に対し「ボーンという地震がきたような音がして、窓ガラスがガタガタと揺れました。授業中で、生徒たちが少しざわつきましたが、学校への被害もなく、現在は落ち着いた様子で授業を受けています」と話しています。

工場から7キロほど離れた、NHKが宮崎県延岡市に設置したカメラには、午後1時51分ごろ「ドーン」という爆発音のような音が入っていました。