アメリカ政府 ロシア国連代表部の外交官12人の国外追放を決定

アメリカ政府は、ニューヨークにあるロシアの国連代表部に勤務する外交官12人について国外追放することを決めました。
アメリカは、「アメリカに居住する権利を乱用し、アメリカの安全保障に悪影響を及ぼす諜報活動を行った」と発表しています。

アメリカの国連代表部は2月28日、「アメリカに居住する権利を乱用し、アメリカの安全保障に悪影響を及ぼす諜報活動を行ったロシアの12人の情報工作員について、追放のプロセスを開始するとロシア側に通知した」と発表しました。

これについて、ロシアのネベンジャ国連大使は28日の記者会見で、「アメリカの当局がわれわれに対し、新たな敵対的な行動をとったという情報が今入った」と述べ、ニューヨーク駐在のロシア国連代表部の12人が退去するようアメリカ当局から命じられたと明らかにしました。

ネベンジャ大使によりますと、12人はペルソナ・ノン・グラータ=「好ましからざる人物」として、3月7日までにアメリカから退去するよう求められたということです。

このあと、ネベンジャ大使は安全保障理事会の会合で、「われわれは外交的な解決が必要だと言われ続けているが、その外交活動の機会が制限されている」と述べて、アメリカを非難し対応を協議する考えを示しました。